In CAMPING, FREE CHIPS for ecological dishwashers

For any booking in VILLA PARADISU, WIFI OFFERED

All shops are open from April the 1st to November the 5th

島の歴史を物語る村、巨石記念物、塔、要塞、教会などのコルシカ島の建築遺産・・・

キャンプ画像
イメージ観光住宅
タラソテラピー画像

コルシカ島の遺産と歴史

島の歴史を物語る村、巨石記念物、塔、要塞、教会などのコルシカ島の建築遺産・・・

コルシカ島の建築遺産は、島国という特徴や地理的要因(山が多く、切り立った渓谷によって地域間の交流が妨げられた)、略奪と侵略による歴史の影響を受けています。

島の最初の住民たちは、塔、要塞の村(ククルッツ、カプラなど)、ドルメン(シッティヴァ、フォンタナカッシアなど)、彫像立石(フィリトーザ、パラギウ、スタンタリなど)を残しています。これにより、コルシカ島は、地中海の巨石記念物で最も重要な地域となっています。

エトルリア人、シラクサ人、カルタゴ人、ポカイアのギリシャ人といった 古代の人々が沿岸を争い、紀元前565年頃 アレリアを作りました。

紀元前259年、 彼らはコルシカ島の首都アレリアにやってきたローマ人たちに追われます。そして、ローマ人たちは寺院や浴室、ヴィラ、円形競技場を建設します。 60年から、島は アレリアを作りました。

774年、コルシカ島は正式に聖座に属し、司教館や修道院、僧院が作られます。 しかし、中世はコルシカ島にとって不幸な時代となります。 島はムーア人やサラセン人の海賊の攻撃を受け、住民たちは山に逃げ込まざるを得なくなります。

法王は島の様子を嘆き、コルシカ島の占領と和平のためにピスに代表を派遣します。 ロマネスク風の礼拝堂、教会、大聖堂(ムラトのサン=ミシェル、アレグノの三位一体教会、リュクシアナ大聖堂、サン=フロランのネッビオ大聖堂など)からも分かる通り、その後2世紀の間、希望と平和が続きます。

ジェノバ人による植民地時代(1284年-1729年)は、民衆の蜂起や行政面での困難、そして島の侵略計画などに直面します。 ジェノバ人たちは砦や要塞(アジャッキオ、バスティア、コルテ、ポルト=ヴェッキオ、カルヴィなど)、小要塞(ジロラータ、アレリアなど)、端(ポントゥ・ノヴ、アリティアナ橋、Spin'a cavallu)、道路そして有名なジュネヴァ風の塔(ポルト、カンポモーロ、ジロラータ、ロッカピーナなど)、監視塔の防衛システムを沿岸周辺に建設します。

オリーブと栗の栽培が始まると共に徐々に経済が発展します。そして、柱、ヴォリュート、コーニス、ピラスターなどが特徴のバロック式教会(ラ・ポルタのサン=ジャン=バプティスト教会、バスティアのサン=ジャン=バプティスト教会、カスタニッシアの教会とバラーニュの教会)が姿を現します。

激動の歴史から、村の様子が作られているのです。 山にひっそりと暮らしていることが多いコルシカ人たちは、農業や畜産を生活の糧にしています。 村は、戦略的な必要性を基に作られています。 海嶺、尖峰、渓谷のへこんだ部分に作ることで、回り道をしない限り見つかることはないのです。 村は、頑丈で地味で、地域の材料を使って作られた家で構成されています(コルシカ島南部では花崗岩と半円形の瓦、オート=コルス県では頁岩と板石)。 時には、頑丈にできた名士の家は、人々の避難場所として使われました。 水車、噴水、礼拝堂、羊小屋は、この牧歌的な生活の昔の様子を示しています。 コルシカ人たちの記憶の奥深くに刻まれたこれらの建物は、現在修復の対象となっています。

コルシカ島を知る・・・

スペース
  • コルシカ島の動物

    鳥、哺乳類、両生類・・・

  • コルシカ島の植物

    野生の固有種..

  • コルシカ島の風景

    ビーチと雪が積もった山々・・・

  • コルシカ島の文化

    コルシカ島の文化と伝統・・・

  • 地域の産物

    試すべきコルシカ島の名産品

  • コルシカ料理

    コルシカ料理を知る・・・

  • フランスのコルシカ島

    コルシカ島には簡単にアクセスできます・・・

+33 (0)4 95 38 81 10
バンガロスペース 設備

Qualité Tourisme - ロゴ