In CAMPING, FREE CHIPS for ecological dishwashers

For any booking in VILLA PARADISU, WIFI OFFERED

All shops are open from April the 1st to November the 5th

コルシカ島の食文化は、家庭料理、伝統料理、特別な料理で構成されています。

キャンプ画像
イメージ観光住宅
タラソテラピー画像

コルシカ料理

コルシカ島の食文化は、家庭料理、伝統料理、特別な料理で構成されています。

    特別な料理と家庭料理

コルシカ島の伝統料理は、山で採れた農産物で作られます。それらは、家畜(豚、ヤギ、雌羊、仔牛)の肉、豚肉料理、チーズや、栗、蜂蜜、家庭菜園の野菜、果物、野生のハーブ(ミント、「nepita」、マヨラナ、タイム・・・)などです。 狩りにより、テーブルには美味しいジビエ(イノシシ、ツグミ、ヤマウズラなど)も並びます。 沿岸地域の人々は、海の幸(岩場に棲息する魚、ウニ、イセエビなど)を使って料理をし、丘陵部に住む人々はワインやオリーブを栽培しています。

季節毎や宗教のイベントの際に振る舞われるシンプルで気前が良く、香りのよい料理には、クリスマスの子羊や子ヤギ料理、パン・デ・モール、「cacavelli」などがあります。

特別な料理と家庭料理

    コルシカ島の名物

コルシカ島の豚肉料理
コルシカ豚「porcu nustrale」は、自然の中をほとんど自由に動き回っています。 種子や栗、灌木地帯に生える草を食べるため、その肉は独特の味がします。 塩分を含み乾燥させた上質な生ハム「prisuttu」、肩ロース「coppa」、フィレ「lonzu」は、フランスのアペラシヨン・ドリジン・コントロレ(AOC)を取得し、その産地と品質が保証されています。

コルシカ島産チーズ
それぞれの地域には独自のチーズがあり、各生産者が腕を振るってバラエティに富んだヤギのチーズや雌ヤギのチーズを作っています。 乳を使って作るフレッシュチーズ「ブロッチュ」は食後に食べるものですが、何もいれずに食べても、砂糖やオードヴィーを加えてもおいしく食べることができます。 フレッシュでもドライでも、様々なレシピに加えることができます(「ambrucciata」、「fiadone」、「fritelle」、「falculelle」、「omelettes」、「cannelloni」)。

コルシカ島産の栗
伝統料理の基本食材である栗は、そのまま食べたり(グリル、煮物、スープ、ラグー)、粉末にして様々な料理(ベニエ、パティスリー、「pulenta」)に使うことができる食材です。 コルシカ島産の栗粉は、フランスのアペラシヨン・ドリジン・コントロレ(AOC)の認証を受けています。

コルシカ島を知る・・・

スペース
  • コルシカ島の動物

    鳥、哺乳類、両生類・・・

  • コルシカ島の植物

    野生の固有種..

  • コルシカ島の風景

    ビーチと雪が積もった山々・・・

  • コルシカ島の文化

    コルシカ島の文化と伝統・・・

  • コルシカ島の遺産

    島の建築遺産・・・

  • 地域の産物

    試すべきコルシカ島の名産品

  • フランスのコルシカ島

    コルシカ島には簡単にアクセスできます・・・

+33 (0)4 95 38 81 10
バンガロスペース 設備

Qualité Tourisme - ロゴ