In CAMPING, FREE CHIPS for ecological dishwashers

For any booking in VILLA PARADISU, WIFI OFFERED (1 GB per day)

Riva Bella dans "Zone Interdite" sur M6 ... à voir et à revoir selon le lien suivant !!!
https://www.facebook.com/watch/?v=1810052572423249

コルシカ島に棲息する動物の中には、ゴジュウカラがいます。これは、フランス本土の固有種の中で唯一の鳥類です。

キャンプ画像
イメージ観光住宅
タラソテラピー画像

フランスのコルシカ島に棲息する動物

コルシカ島に棲息する動物の中には、ゴジュウカラがいます。これは、フランス本土の固有種の中で唯一の鳥類です。

    コルシカ島の哺乳類

コルシカ島には、ヨーロッパの陸上に棲息する、キツネ、コエゾイタチ、アナウサギ、ノウサギ、ハリネズミ、トガリネズミ、ノネズミといった大半の小型哺乳動物が棲息しています。 コルシカ鹿は、残念なことに前世紀に絶滅してしまいましたが、コルシカ島に再び持ち込み、棲息させることに成功しました。 コルシカ島の象徴となっているムフロンのように、コルシカ島の地域自然公園の中でコルシカ鹿を目にすることができます。ムフロンは、アスコ渓谷やチント山塊やバヴェラ山塊に棲息する野生の動物です。 灌木地帯や森林に群れを作って棲息するイノシシは、都市周辺でも目にすることができます。 夜、目を凝らすと、蝙蝠が飛んでいるのを目にすることができるでしょう。 蝙蝠は、ひっそりと生活する無害で便利な小型動物です。 22種類に分類することができるこの動物は、この島に棲息する野生哺乳類の半分以上を占めています。 最も小型のヨーロッパコウモリであるアブラコウモリだけでなく、もっと大型で珍しいヤマコウモリも目にすることができるのです!

    少し野性的な家畜

道で出会う家畜は、コルシカ島土着の動物です。 ずっと昔からコルシカ島になじんできたこれらの動物たちは、島の気候と土壌に合わせて発展してきました。 例えば、コルシカ犬「Cursinu」は、丈夫で猟犬や牧羊犬など多目的に利用されたまだら模様の犬です。 俊敏で丈夫なコルシカヤギは、様々な色の毛並みをしているのが特徴です。これは灌木の棘から身を守るためのものです。 コルシカ雌羊の毛からは、防水性があり温かく、しっかりとしたウールが作られます。 この動物は、ブロッチュチーズや他のコルシカ産チーズの製造に使うミルクを採るために飼育されています。 鹿毛色をした毛並みのコルシカ牛は、竪琴の形をした角が特徴です。 ほとんど自由に移動して生活をしており、特に灌木地域の植物を食べて過ごしています。 コルシカ豚「porcu nustrale」は、小さく、個体によって色が異なることが特徴で、素朴な動物です。 夏場は山の牧草地を自由に動き回り、秋と冬になると灌木地にやってきて、種子や栗を食べて過ごします。 コルシカロバは、島民に大いに役立つ動物です。 とてもおとなしく丈夫なこの動物は、島の切り立った道でも俊敏に動くことができます(背中に十字架の模様があるため、見分けることは簡単です)。 コルシカ馬「Cavallu corsu」または「Paganacce」は、器用でがっしりとした馬で、鹿毛、青鹿毛または黒い毛並みをしています。 山の草原地帯や「pozzines」で自由に動き回っている群れを目にすることができます。

    コルシカ島の爬虫類と両生類

コルシカ島には、様々なトカゲやサンショウウオ、ヤモリが生息しています。 石トカゲ類とチレニアカベカナヘビは、コルシカ島とサルデーニャ島固有の種で、島のいたるところでPodarcis siculaと共に棲息しています。 また、灌木地域を好む陸ガメ、ヘルマンリクガメを目にすることができます。これは、フランスの他の地域ではほとんど絶滅している種です。また、淡水に棲息する小さなヨーロッパヌマガメも棲息していますが、この種もまた絶滅に瀕しています。 急流付近にはコルシカの「euprocte」が棲息しています。これは、穏やかな水辺を好むコルシカ固有の小型サンショウウオです。

コルシカ島には毒蛇は棲息していません。遭遇する唯一の蛇は、小さな無害な蛇です。

    定在鳥、猛禽類、渡り鳥

大空を支配するアカトビは、獲物を狙って空を飛びまわります。 コルシカ島のどこに行っても、この幅1.5mに達する猛禽類を目にすることができます。 この鳥は、赤く先がとがった尾と、3色(白、赤、黒)の羽根を持っていることで知られています。 メンフクロウが静かに生活を送る一方で、コノハズクは一晩中鳴いています。 ノスリ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、ハイタカもまた、コルシカ島に棲息しています。 コルシカ島を代表する大型猛禽類(イヌワシ、ヒゲワシ、オオタカ、ミサゴ)は、あまり目にすることができなくなりました。 絶滅に瀕しているこれらの種は、コルシカ島地域自然公園による保存プログラムの対象になっています。

コルシカ島には、フランス本土固有の鳥が棲息しています。12cmと小型なコルシカ五十雀は、青みがかったブルーと黒、白が混ざった鳥で、松の木の中に棲息し、松の実を食べます。

コルシカ島には、アマツバメ、ツグミ、大型のツグミ、ロビン、シジュウカラ、燕、ゴシキヒワ、アオカワラヒワ、アトリ、カケス、ナイチンゲール、セキレイ、ハト、メボソムシクイ、スズメ、カワセミ、ハシボソガラス、カラスといったヨーロッパの鳥の大半が集まっています。 沿岸地域と多湿地域には、鴨、オニミズナギドリ、ヨーロッパハチクイ、シラサギ、ヤツガシラ、クサシギ、サギ、燕、コウノトリ、フラミンゴといった渡り鳥が集まります。 コルシカ島沿岸は、フランスで唯一アカハシカモメが繁殖する場所で、たくさんの巣を目にすることができます。 ヨーロッパヒメウの巣については、地中海で最も大きなものの一つです。

    昆虫

コオロギ、バッタ、セミが夏の間しきりに音を奏でます。 春になると、甲虫目や色とりどりの蝶が花を覆います。シルバーグリーンシジミやコルシカキアゲハは、コルシカ島固有種です。 また、コルシカミツバチも棲息しています。 環境や気候に完璧に適応したこの生き物は、季節の移り変わりを最適に利用しています。 春の蜂蜜(クレモンティーヌの木、果実の樹木、ハンニチバナ、オーク、ギンバイカなど)、春の灌木の蜂蜜(エリカ、ラベンダー、エニシダ属、サンザシなど)、5月の栗の蜂蜜、夏の灌木の蜂蜜(エニシダ属、キイチゴ、タイムなど)、秋の灌木の蜂蜜(アルブートス属、キヅタ、オグルマ属など)が採取されます。

コルシカ島には、小さく黒い毒クモが棲息しています。それは、ジュウサンボシゴケグモです。 4mmから15mmのこのクモは、黒い背中に生えた黄色やオレンジまたは赤の毛で見分けることができます。 石の下や古い壁の中に生息し、かまれると痛みを生じ、体が弱い人にとっては危険なクモです。 他の虫と同様、このクモもまた身に危険が迫ると攻撃してくるため、もし見つけたら注意をしてください。

コルシカ島を知る・・・

スペース
  • 地域の産物

    試すべきコルシカ島の名産品

  • コルシカ島の植物

    野生の固有種

  • コルシカ島の風景

    ビーチと雪が積もった山々・・・

  • コルシカ島の文化

    コルシカ島の文化と伝統・・・

  • コルシカ島の遺産

    島の建築遺産・・・

  • コルシカ料理

    コルシカ料理を知る・・・

  • フランスのコルシカ島

    コルシカ島には簡単にアクセスできます・・・

+33 (0)4 95 38 81 10
バンガロスペース 設備

Qualité Tourisme - ロゴ