In CAMPING, FREE CHIPS for ecological dishwashers

For any booking in VILLA PARADISU, WIFI OFFERED

All shops are open from April the 1st to November the 5th

歴史、地形、島国という特徴から誕生したコルシカ島の文化とアイデンティティ・・・

キャンプ画像
イメージ観光住宅
タラソテラピー画像

コルシカ島の文化

歴史、地形、島国という特徴から誕生したコルシカ島の文化とアイデンティティ・・・

コルシカ島のアイデンティティは、歴史、地形、島国という特徴から生まれました。 侵略により山に逃れた農業・牧畜人のコルシカ人は、土や家族、先祖、コミュニティ(部族「Pieve」、村)に根差した文化を発展させました。 カトリックが島国の生活にリズムを加えています(礼拝行進、信徒会、巡礼、祝宴など)。コルシカ島の国歌Diu vi Salvi Reginaは、聖母マリアに捧げた宗教歌です。

口頭伝承が基本のコルシカ文化は、歌や言葉を通じて表現されます。

コルシカ島の言語の元は、ラテン語から派生したロマンス語です。 現在に至るまでの間に、まずトスカーナやジュネヴァの影響を受け、その後近代になってからフランス語の影響を受けたのです。 全体的には統一された言葉ではあるものの、それぞれの地域で発音や語彙のバリエーションが生まれ、特定の言葉が発達しました。そのバリエーションは、特に動物、植物、牧畜生活に関する名詞に顕著に表れています。 コルシカ島の言葉は、文化をサポートしています。 口述伝統のベクトルである言語は、歌や物語の中で表現されています。夕べで語られる素晴らしい物語、子守唄、わらべ歌、即興で歌って遊ぶ言葉遊び「chjama è rispond」、死への旅立ちに用いられる「voceru」や「lamentu」などがその例として挙げられます。 コルシカ語は、常に日常で使用される言葉という地位を保ってきました。そのため、行政では権力者の言葉が使用されてきました。 近代化に伴い徐々に消滅していったコルシカ語は、1970年代に復活します。 現在、学校で教えられているコルシカ語は、2013年、フランス語と共に公用語とすることへの要求が、コルシカ島の議員たちの多くに支持されました。

多音で構成される世俗または宗教歌は、コルシカ島のアイデンティティの象徴です。 フォークロアとは異なり、これらの歌は活き活きとした島国の過去や現在の様子を歌にしたものです。 「Paghjelle」は本来、羊飼いたちが歌った古語の歌で、詩的なテキストは生活の中の出来事を記しています。 3つの声(「Seconda」、「Bassu」、「Terza」)で構成されるこれらの歌は、社会や宗教的なイベントで歌われます。 多音の宗教歌は、コルシカ島の宗教的な慣習の中に常に取り込まれています。 それらは宗教的な出来事や礼拝行進、ミサなどをハイライトしています。最も知られている歌はDiu vi Salvi Reginaでしょう。 コルシカ島の日常や礼拝で歌われる「paghjella」の歌は、2009年ユネスコの無形文化遺産に指定されました。

コルシカ島を知る・・・

スペース
  • コルシカ島の動物

    鳥、哺乳類、両生類・・・

  • コルシカ島の植物

    野生の固有種..

  • コルシカ島の風景

    ビーチと雪が積もった山々・・・

  • 地域の産物

    試すべきコルシカ島の名産品

  • コルシカ島の遺産

    島の建築遺産・・・

  • コルシカ料理

    コルシカ料理を知る・・・

  • フランスのコルシカ島

    コルシカ島には簡単にアクセスできます・・・

+33 (0)4 95 38 81 10
バンガロスペース 設備

Qualité Tourisme - ロゴ