LAST MINUTES THALASSO !!! Read more...

リヴァ・ベッラ・ナチュラリスムは、自然の景観を保護することで、フランスにおいてエコツーリズムと持続可能な観光を推奨しています。

フランスのエコツーリズム、コルシカ島の景観保護

リヴァ・ベッラ・ナチュラリスムは、自然の景観を保護することで、フランスにおいてエコツーリズムと持続可能な観光を推奨しています。

    リヴァ・ベッラ・ナチュリストでは、自然景観の保護を優先事項に定めています。

コルシカ島のリヴァ・ベッラにある美しい自然(砂丘、ビーチ、灌木地帯、塩分を含んだ沼、原生林、特有の植物相)は、自然保護に対する継続的な取り組みによるものです。テランツァナ沼をコルシカ島のフランス沿岸域保全整備機構と共同管理するリヴァ・ベッラは、積極的に敷地内の自然保護に取り組んでいます。それらの一例として、持続可能な観光を推奨し、観光による環境への影響を抑制、フランスにおけるエコツーリズムの課題や敷地内の生物の多様性について人々を啓蒙、砂丘の復旧・植林キャンペーンといった活動が挙げられます。

    砂丘、ビーチ、灌木地帯、そして塩分を含んだ沼など、景色とエコシステムのモザイクをお楽しみください!

テランツァナ塩分沼は、リヴァ・ベッラの敷地の南にあります。北には、ナチュリスト向けの宿泊施設、キャンプ場および灌木地帯に作られたインフラ設備を含む観光用宿泊施設、西には原生林。東には地中海に面したビーチがあります。

    テランツァナの塩分沼

テランツァナの沼は塩分を含んでいます。そのため、蚊が生息することができません。また、トカゲと数多くのバクテリアの存在が、蚊の生息数を減らしています。

この沼は時に海とつながることがあり、野生生物にとって重要な生息地になっています。また、自然のまま保全され、公害から守られています。その植物や動物相は、近代化以前の過去の自然の景色を表す目撃者だと言えるでしょう。

    コルシカ島の灌木地帯

灌木地帯は、森林より低い木が集まった場所で、非常に密度が高く、通常乾燥に強い植物が植えられています。コルシカ島やフランス南部でよく見られるこの灌木地帯では、様々な植物(イチゴノキ、ギンバイカ、ゴジアオイ、ブライヤ、カシ属、マスチックノキなど)を目にすることができます。

沿岸地域や最も高温になる傾斜地、灌木地帯には、ガリッグ(ムギワラギク、ラベンダー、ローズマリー、タイムなど)やエギゾチックな植物(サボテン、アガベ・アメリカーナ、アロエ、ユーカリ、シトロンなど)が混ざり合っています。

    砂丘

砂丘には多様な植物(ハス、アンテミス・マリチマ、crucianella maritima, medicago marina、sporobolus pungens、otanthus maritimusなど)や、砂漠に生えるケードネズやコルシカ島特有の植物が生えています

これらの植物は浸食被害を防ぐ手段となるため、これらを保護し、採取したり足で押しつぶしたりしないように注意する必要があります。

    砂丘の植林

コルシカ島にあるフランス国立植物保護研究所の推奨により、当社は浸食被害を防ぐために砂漠の復元・植林活動を行っています。

外来種の侵略を防ぐため、この活動は2つの軸を基にし行われています。
1. 外来種を駆逐
2. 地域の植物相を復活させ、砂丘を維持し、浸食被害を減らす

当社の活動への参加をご希望の場合は、テクニックと敷地に生息する植物種(外来種と再植林対象の植物種)に関する情報をこちらからご覧ください。

    外来種

carpobrotus edulisは地上に這うように生息する、厚みがあり水分を多く含み、大きな爪を彷彿とさせる三角の葉を持つ植物です。紫色の花が美しく丈夫であるため、地中海沿岸にもたらされたこの植物は、地域の環境に非常にうまく適応し、現在では生物多様性や繊細なエコシステムにとって脅威となっています。

ほとんど駆逐できないcarpobrotus edulisは、乾燥や波に非常に強いことが特徴です。不毛な土地に生え、密集した形ですぐに広がるため、他の植物の脅威になります。当社の最初の活動は、徐々にこの植物を抜くことで一部のセクターを保護し、他の植物が自ら根付くようにするものです。

    適合種

2つ目の活動は、砂丘い適合する植物種の発展を促すものです。これには、種によって播種と挿し木という2つのテクニックを使用します。

現地で採取された種の播種:
夏に種が採取され、秋に播種作業が行われます。対象植物: lotus cytysoides、アンテミス・マリチマ、crucianella maritimaおよびビーチ付近に生息する全ての植物種)

挿し木:
挿し木をすることにより、一部の植物種を保護することができます。これは、植物の一部を採取し、それを再度植えるテクニックです。挿し木が根を張り、成長し、最初の植物に似た新たな植物が誕生します。対象植物:medicago marina、sporobolus pungens、elytrigia juncea、achillea maritima

異なる活動を行うことで、土地に適した地域の植物を取り戻し、徐々にcarpobrotus edulisを駆逐できるようになります。

砂漠の後ろには、juniperus phoeniceaやローズマリーといった木や小低木を優先的に植林しています。

また、浸食が非常に激しいセクターには、消滅に瀕し、根元が露出した植物を移植することができます。このような活動は、秋の最初の雨が降った後に行うことが最適です。

エコツーリズムはまた...

  • リヴァ・ベッラの動物相

    70種以上の野生の動物相が棲息・・・

  • リヴァ・ベッラの植物相

    50種以上の素晴らしい植物が生息・・・

  • 地域の産物

    持続可能な観光での地産地消・・・

  • 再生可能エネルギ...

    再生可能エネルギ

  • 当社のアクション

    リヴァ・ベッラでは、持続可能な観光を推奨し、取り組んでいます・・・

  • 持続可能な観光

    持続可能な観光は、各自が・・・

  • ラマ牧場

    ラマもまた、エコシステムに参加しています・・・

+33 (0)4 95 38 81 10
バンガロ 設備

Logo Camping Qualité